現時代の広告の在り方

最終更新: 5月29日

年々増え続ける動画広告

現在、インターネットが普及している世の中では、様々な場所で動画を目の当たりにされる

かと思います。一昔前はテレビでしか見なかったCM動画も、PC・スマートフォン・タブレットなどを、誰しもが持つ時代になったことで様々な方がいつでも動画を目の当たりにするようになりました。 製造業や他の分野にも静止画広告はよく見られますが、動画広告に置き換えた所、興味を持

たれた割合が10倍以上になったケースもあります。

静止画広告では画像1枚にテキストや製品のビジュアルなどを納めないといけないため、伝

える情報量に限界があります。しかし、動画広告によって製品の伝えたい部分をアニメーシ

ョン化させることにより、より多い情報を静止画広告よりも理解させやすく、記憶定着率の

高い販売促進を行うことが可能です。


また、次世代通信システム"5G"が普及されると、大きく通信処理に時間のかかるデータの問題が解決され、今まで静止画だった広告画像が動画に置き換えられられるケースが増えます。広告動画の提供手段が増えることで、より動画広告の重要度は高まります。

その為、今後より販売促進の手段として、動画広告の需要は高まるでしょう。



どのような動画が良いか。

ウェブサイト上にある広告動画は視聴者側は動画を途中で見なくなる選択ができます。なので、広告動画の内容はとても重要です。

2分や3分以上ある動画では、既に製品に興味を持っている顧客が製品をもっと理解するためなら、高い効果を望めるケースもあると思います。

しかし、新規の顧客獲得の場合では、知ってもらいたい商品メリットの説明前に動画の視聴をやめるかもしれません。また、全て視聴したとしても、事前知識が無い状態では、内容が分かりづらく製品の良い所が理解できない場合もあります。

15秒程の短い広告動画に置き換えることで、視聴の離脱を防ぎ、商品特徴が理解しやすくなり、この動画がきっかけとなり、製品に関する問い合わせなど購入検討、もしくは購入に繋がる確率が高くなります。

短い広告動画内容にすることで、製品をイメージし易く、メリットが理解しやすく、内容が簡潔で見やすい広告となり、販売促進として質の良い手段に成り得ます。

弊社では、アナログ・デジタル問わずお客様のマーケティング・販売促進のプロセスや目的に沿ったコンテンツやサービス「How it works」を提供しております。ご興味がありましたら、お問い合わせください。

https://www.link-insight.net/

運営会社

© 2020 Linkinsight. all rights reserved