【製造業】成果の出る販促動画の作り方

最終更新: 6月1日

成果の出る動画制作で重要なのは軸を持って作ることです。


目的を明確にし、目的以外は削ぎ落とすことで、ブレのないシナリオとなります。


制作途中に社内の複数の意見を取り入れ、要点が分散してしまい、もともと考えていた目的から乖離してしまい、思っていたものとは異なるコンテンツとならないよう注意が必要です。

短く簡潔に視聴者視点で目的からぶれないシナリオを考えていきましょう。


目的を決める際、マーケティング視点で考えるのであれば、AIDMAのど段階か、どんな担当者に何を伝えたいのかを決めるという基本動作は動画制作でも必要です。


導入を検討する企業担当者の属性や、どのような課題を解決したいのか、製品のどこに関心が高いのか、日頃のコミュニケーションから得られた質問をデータベース化し、その質問の回答(用途、機能、効能、使い方)を動画に先回りして盛り込むことで、そのペルソナが求めるコンテンツとなり、「この会社はわかっているな」と他社との差異化につながります。


視聴する側の多くは「短時間で無駄なく、より詳しく理解し、疑問点を解決したい」という思いながら製品を調査しているでしょうから、その要望を叶えるコンテンツができればまずは成功と言えるでしょう。





以下のリンクもご参照ください。

https://www.link-insight.net/

26回の閲覧

運営会社

© 2020 Linkinsight. all rights reserved